Uminohoshi Catholic Kindergarten

A loved child can share more.

星のアイコン園長のことば

園長

子どもは、愛するために生まれてきました。

他の人の喜びと痛みを知り、自分の気持ちを言葉で表す

順番を守り、忍耐し、喜んで人を助ける

自分で選び、勇気を出して挑戦し、工夫をする

困難を乗り越え、希望を持って生き抜く

これらは今世界が注目する「見えない学力」つまり「学びに向かう力」です。

詰込み指導ではなく、見守られた自由な遊びから「学びに向かう力」はここ『海の星』で育ちます。

『海の星』では、「愛すること」が必ず身につきます。

私たちの仕事は、あなたのお子様を愛することです。

笑顔が輝き、思いやりにあふれる子どもたちの姿を『海の星』にぜひ見に来てください。

海の星カトリック幼稚園 園長神馬 久美(じんば ひさみ)

星のアイコン教育理念

カトリックの教え「愛すること」に基づいた幼児教育
思いやりの心、感謝する心、豊かな個性をもった明るく素直な子ども

星のアイコン教育理念をこのように実践しています

遊びと関わりの中で、友だちを思いやる心、友だち、家族・両親や先生に感謝する心を育てます。

四季の自然に触れ、創造主である神様に感謝し、自分を、友だちを、またすべての生き物を大事にすることを学んでゆきます。

さまざまな活動を通して自分の得意なことを見つけ、豊かな個性を育てます。

集団生活を通して、自主自立の精神(自分でやろうとする力)、基本的生活習慣(規則正しい生活のリズムを持つこと)を身につけてゆきます。

園児一人ひとりに、すべての職員が丁寧に関わり、家庭との連絡を密にして協力しあいます。

異文化や言語の多様性があることを知り、日常保育の中でも共通語としての英語で会話する力を自然に身につけます。

星のアイコン教育内容

星のアイコン園の歴史と特徴

理事長

海の星カトリック幼稚園は、地域から愛される60年に近い伝統のある幼稚園です。正門では、カトリック教会の鐘楼、聖母子像がやさしく迎えます。奥に位置する園舎の周りには桜などの大きな樹木が多く市の中心とは思えない静けさです。

園の母体は「エスコラピオス教育修道会」で、中世にローマを本部として生まれ、全世界に学校を創って青少年の教育に携わってきました。日本では東京と横浜、四日市に教会や修道院があり、四日市市では海星中学校・高等学校と海の星カトリック幼稚園の教育にあたっています。

海の星カトリック幼稚園は、四日市市の私立幼稚園の先頭を切って、「子ども子育て新制度」に移行し、3・4・5歳各1クラスずつの少人数制のため、園児一人当たりの教育費の補助をより多く受けています。 全ての教員が全ての子どもに関わり、ひとりひとりに目と心がゆき届く丁寧な保育をしています。

馴染みやすいクリスマスやマリア祭などのカトリック行事は子どもをすこやかに成長させます。星まつりや運動会には大勢の卒園生が参加してくれる「大きな家族」のような幼稚園です。おうちの方の毎日の送り迎えと教員とのコミュニケーションによって、子どもは愛されていることをよく感じとることができます。教員も全員が英語を使う環境を心がけ、文化や言葉の多様性に柔軟に対応できる子どもたちを、誇りをもって育てています。

海の星カトリック幼稚園運営規程

PDFを見る

2019年度学校関係者評価委員会による総合評価 【A】

PDFを見る

第三者評価・講評

PDFを見る